残念な高校時代のお金のエピソード

お金のことに対する高校のときのエピソードがあります。入学当初、私が持っていた財布はキャラクターもので1000円ぐらいで手に入れたものでした。中学生までお小遣いなしで、欲しいものがあったら親が買ってくれました。お財布の出番は、友達と遊ぶ時にジュースやお菓子を買うときぐらいで、1ヶ月に1回あるかないかの頻度でした。あまり使わないので安っぽいものを使っていました。それが高校に入ると、まわりの女子たちがルイ・ヴィトンとかグッチという高級な財布を持っていて、私は自分の財布が恥ずかしくなりました。親に伝えると毎月お小遣いをあげるから、その範囲で好きなものを買いなさいと言われました。お小遣いがなかった私が、いきなり毎月5000円のお小遣いになってどうやりくりしていいのかわからなくなりました。お小遣い1回目から、後で返すからと親に借金をして7000円ぐらいする財布を買いました。グッチとかに比べたら高級ブランドではないけど、いいものを買えて満足しました。高校の3年間ずっと使うつもりでいたんだけど、1ヶ月後に思わぬトラブルが起こりました。それは夏休みに行われた補習授業を受けに来たときでした。受ける直前に先生が「場所とるからかばんをすべて廊下に出してね」と言い、先生からは早くしてほしいオーラが出ていました。急いだおかげで大事な財布をかばんから出していないことに気付きました。授業中に気付いて気持ちがそわそわ。授業が終わったところで財布の存在を確認すると、入れたはずの場所に入っていません。かばん全体を確認したけど、ないのです。盗まれた!間違いありません。先生に伝えても自己責任を押し付けられるだけで、何もやってもらえませんでした。3年間一緒だと思っていた財布とたった1ヶ月しか一緒にいられませんでした。しかも、その財布はわざわざ親に借金して買った財布です。親もその間、やりくりが大変だったはずです。申し訳なさと寂しさと盗まれた悲しさで涙が出ました。1日泣いて、私にふさわしい財布ではなかったんだと解釈。そんなことがあってから、お小遣い制も親に言って停止してもらいました。お金のやりくりとかお財布の管理って難しいよね。そんなことを思いました。→じぶん銀行カードローンの金利

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です